×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

年収アップのために転職するときのコツ

転職時期

年収をアップさせるための転職には、その時期にポイントがあります。年収をアップさせる目的で転職すると良いのは、30代前半です。

 

30代前半の人材は、企業の中で最もニーズのある年齢と言えます。企業が求人を出すときに条件にしている年齢においても、最も多い年齢です。つまり、転職する側からすれば、転職しやすい時期とも言えます。ある程度の社会経験を積んでおり、社会という仕組みを理解している事と、これから積み上げていく仕事によって、その能力が期待される点に、30代前半の人材が多く企業に求められているのです。

 

 

そして、年収をアップさせる事の出来る転職のタイムリミットは、30代後半です。40代以降の転職は、厳しいものになるからです。

 

40代以降でも転職は可能です。しかし、年収を上げることが難しくなります。40代以降の人材に企業が求めることは、実力と経験です。つまり、その後の仕事によっての期待や成長ではなく、その人自身が持っているものを発揮してもらうことに過ぎません。その為、新しい分野への挑戦は出来たとしても、そこに年収をアップさせる期待は難しくなるのです。つまり、30代後半までが、勝負という事になります。

 

 

パソナで転職して年収が上がった人、多数。相談無料のカウンセリングをどうぞ

企業のニーズが年収アップのカギ

転職する時期には、30代が年収アップのカギですが、それだけでは年収をアップする事は出来ません。企業がその人材に求めるニーズに対応しているかもカギなのです。

 

30代前半の企業のニーズは最も多いものとなっています。そこに期待されている事は、スキルと技術と能力を活かせる即戦力です。企業が求人を出す時には、企業にとって何らかの解決したい問題が生じているとも考えられます。その問題を解決出来る即戦力を必要とします。しかし企業側としては、雇うからには後への期待も持ちたいのです。若い力のある人材、それが30代前半に求められるスキルなのです。

 

そして30代後半に求められるのは、更にステップアップした人材です。即戦力だけではなく、管理能力も必要とされます。企業がこの年齢を採用する時には、経験や実績、実力を基準にします。そして、企業がこの年齢に任せる職務は管理職です。つまり、今までの積み重ねから、人をまとめ動かす事の出来る能力を身に付けている事を求めているのです。

 

転職する際に年収アップを目的とする場合には、こうした、企業側のニーズに沿った人材である事が必要となります。

転職準備

転職する為には準備が必要です。年収をアップさせる為の転職を成功させる為には、まず、自分自身について客観的に見ることが出来る様にする事です。自分にはどんな能力があるのか、どんな仕事が向いているのか、それを知り、理解する事で、企業へのニーズに自分が合っているのかを判断する事が出来るようになります。そして、自分の過去のキャリアや実績を必要としている企業を探す事にポイントがあります。

 

そうした下準備が出来たら、転職先を検討して行きます。面接の際には、自分をしっかりアピール出来る様にしておかなければなりません。そのためには、自分のアピール出来るところをまとめておく必要があります。これをキャリアの棚卸しと言います。自分の過去の実績をまとめておく事で、自分の能力を客観的に見ることもでき、アピールポイントを絞る事が出来るようになります。しかし面接の時には、予期せぬ期待を掛けられたりする場合があります。出来ない事も、つい出来ると言ってしまいそうになりますが、嘘偽りを言わない事も必要な能力です。出来ない事は出来ないとはっきり言える事は、仕事上でも必要な事となります。しかし、出来ない事だらけでは企業も採用出来ません。何か、ひとつでも飛びぬけた能力を持っている事が、年収アップへの大きなカギとなります。営業能力に優れている、パソコンスキルに長けている、企画能力が豊富であるといったものが、出来ない事をカバーする事になります。

 

そして、人間性や性格も必要なスキルです。今まで違う企業で働いていた事もあり、その環境に慣れているという部分もあります。転職によってその環境は大きく変わります。それに柔軟に対応していける能力も必要なのです。コミュニケーション能力はとても重要なスキルなのです。

こちらDODAが転職のプロ厳選の求人を大公開!


転職エージェントの利用

転職する際に転職エージェントを利用する事は、有効な手段のひとつです。転職エージェントは、転職に関するあらゆるサポートをしてくれます。また、自分を客観的に見る為の1番簡単な方法と言えます。

 

年収をアップさせる為には、自分を客観視する事が重要となります。しかし自分自身を外から見るというのは難しい事です。つい自分への過大評価、あるいは劣等感という私的感情が入り込んでしまい、出来ない事でも出来るように感じたり、向いていないと思い込んでしまったりします。そうならない為には、第三者に自分のことを話し、分析して貰う事が最も有効な手段です。それを可能にしているのが、転職エージェントのアドバイザーシステムです。アドバイザーに自分の経験や実績、性格や能力を分析して貰う事で、より実力を発揮出来る職場を探して貰う事が出来ます。

 

また、転職エージェントにおいては、就職内定後までもサポートをしてくれますので、面接時の年収交渉なども行ってくれます。また自分に代わってアピールもしてくれるので、自分への過大評価ではないことの証明にもなります。

 

転職エージェントで年収アップの転職を行っているのは、パソナキャリアやリクルートエージェント、テンプスタッフです。60%以上の人が転職によって年収がアップしたと答えているほど、実績のある転職エージェントです。

自分自身で活動する

転職エージェントを利用せず自分で活動する場合には、転職サイトを利用すると良いでしょう。転職サイトでは、転職エージェントに負けない位求人情報を揃えています。

 

また、企業からのスカウトを受けられるシステムを設けているサイトも多くあります。転職エージェントに比べると非公開求人数は劣りますが、転職サイト独自の求人情報を持っている所もあります。人と会って話すのが苦手という人や、連絡を蜜にされるのが煩わしいという人は、こうした転職サイトを利用して転職するのも良いでしょう。

 

年収アップの期待できる転職サイトでは、イーキャリアやDODAリクナビNEXTが人気となっています。

こちらDODAで優良企業の求人を探そう!


年収アップのために転職するときのコツエントリー